バレンタインにおすすめの大人向け恋愛映画

バレンタインにおすすめの大人向け恋愛映画

ラブ・アクチュアリー

様々な人間関係を描いたドラマが絡み合って、1つのストーリーになっているラブストーリー。

クリスマスのロンドンを舞台にしていますが、ラブストーリーとしても良い作品なので、バレンタインにもおすすめです。

ラブ・アクチュアリー
公式サイト(海外)
レビュー

ショコラ

閉鎖的な村を舞台にジュリエット・ビノシュ演じるヴィアンヌが、娘のアヌークとともにチョコレートを通して、人々の心を癒していくストーリー。

保守的な村長の対極の存在として描かれるジプシーの一団のリーダー役であり、ヴィアンヌと思いを寄せ合う青年として、ジョニー・デップも出演しています。

ショコラ
レビュー

近距離恋愛

10年来、男女でありながら親友として付き合ってきたトムとハンナ。

仕事で成功したトムは毎週のように付き合う女性を変えていたが、ハンナはそれでも彼に好意を寄せていた。

そんなある日、ハンナが仕事でスコットランドに出張に行ったことで、トムは自分の本当の気持ちに気づく。

しかし、6週間の出張を終えた彼女はスコットランドで婚約し、ふたりでスコットランドに住むことを告げられてしまうのだった。

トムはハンナを取り戻すため、頼まれた結婚式の手伝い係のリーダーを引き受ける。

身近すぎる相手との恋愛を描いたラブストーリー。

近距離恋愛
公式サイト

セックス・アンド・ザ・シティ

有名ドラマシリーズの映画化で、ドラマのラストから4年後を描いたラブストーリー。

ニューヨークを舞台に、キャリーたち4人の女性たちが40歳の女性の本音をさらけだす展開で、結婚の準備を進める中、不安になったり、倦怠期を迎えたりと、いかにも女性らしい悩みに焦点が当てられています。

セックス・アンド・ザ・シティ
公式サイト
レビュー

チョコレート

ハル・ベリー主演の黒人女性と白人男性の人種問題を含んだ恋愛ドラマ。しかし、ピンク色なラブストーリーではないので、つきあい始めのカップルや、不倫のようなカップルには勧められません。

白人男性ハンクの自殺してしまう息子として、ヒース・レジャーが出演しています。

チョコレート
レビュー

マイ・ブルーベリー・ナイツ

恋人の心変わりで振られたエリザベスは、彼の家の向かいにあるカフェに通い詰めるようになる。

いつもブルーベリーパイを用意してくれるオーナーのジェレミーに励まされるエリザベスだったが、恋人のことが忘れられず、旅に出るというロードムービー仕立てのラブストーリー。

マイ・ブルーベリー・ナイツ
公式サイト
レビュー