時代劇映画

時代劇映画

GOEMON

織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見つけるが……。

シネマトゥデイより。

GOEMON
公式サイト
レビュー

13人の刺客(2010)】

幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢300人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった。

シネマトゥデイより。

13人の刺客(2010)】
公式サイト
レビュー

将軍家光の乱心 激突

将軍・徳川家光は性格、容貌が自分と似ていないという理由で長男・竹千代を嫌って佐倉藩に預け、次男・徳松を溺愛していた。その上将軍継承に絡み、阿部重次に対して竹千代を殺すよう命じたが、石河刑部ら凄腕の浪人達が護衛していたため、事無きを得る。佐倉藩主・堀田正盛が家光の陰謀を考えて備えていたのである。石河刑部と家光、阿部の間にも因縁があり、かつて石河は妻を阿部によって家光の側女として無理矢理召し上げられており、それがお方の方であった。そんな中、幕府から竹千代に元服式を行うので江戸城へ出仕するようにとの命令が言い渡され、罠と知りつつも、竹千代は石河らに守られながら江戸城へと向かった。

goo映画より。(改変しています)

【将軍家光の乱心 激突】
レビュー