父の日に観たい映画

Pocket

父の日に観たい映画 ランキング

ライフ・イズ・ビューティフル


第二次世界大戦中の北イタリア。駐留してきたナチス・ドイツによって、グイドと妻ドーラ、息子ジョズエの3人は収容所へと送られてしまう。


母親と引き離されて不安がるジョズエに対し、グイドは嘘をつき、いまの状況は『ゲーム』だと教える。


絶望しかない収容所での生活をゲームに置き換え、息子を不安にさせないよう守り続けた父親の姿を描いた作品。


幸せなストーリーではないですが、本当に感動出来るため、ファンも多い作品です。


ちなみに脚本、監督、主役のグイドを演じたロベルト・ベニーニと、妻のドーラを演じたニコレッタ・ブラスキは現実でも夫婦で、他の作品でも共演しています。

ライフ・イズ・ビューティフル
公式サイト
レビュー

幸せのちから

事業に失敗した男が、息子を連れたままホームレス化してしまうが、ひょんなことから証券会社の正社員を目指すというストーリー。

ウィル・スミスが実の息子と共演したことでも有名な作品ですが、父親が愛する息子に苦労をさせていることを悔いながらも頑張る姿は感動的。

しかも、これが実話をもとにしたストーリーだというのですから、感動もさらに深まります。モデルとなったクリス・ガードナーは作品のラストで親子の横を通り、振り返ったウィル・スミスがそれをみつめるという形で登場しています。

幸せのちから
レビュー

アイ・アム・サム

知的障害を持った中年のサムは、ホームレスの女性との間に産まれた娘ルーシーと二人暮らし。

しかし、7歳のルーシーに知的能力を追い抜かれてしまい、娘の養育は無理だと判断されてしまう。

サムはルーシーと引き離されてしまい、失意にくれるが裁判で取り戻すことを決意。エリート弁護士のリタとともに闘うが、知的障害を持ったサムにとって裁判は、圧倒的に不利なものであった。

アイ・アム・サム

クレイマー、クレイマー

テッド・クレイマーは仕事に明け暮れ、妻のジョアンナに家事や育児のすべてを押し付けていた。しかし、仕事をしたい願望の強いジョアンナは、5歳の息子ビリーも置いて、出ていってしまう。

ジョアンナが出ていってから1年以上が経ち、なんとか息子とも協力して生活出来るようになったテッドだったが、ビリーの事が気がかりで仕事に身が入らず、解雇されてしまう。

そこへ養育権を放棄したはずのジョアンナが養育権の奪還を求め、裁判を申し立ててきた。裁判の前にはなんとか職に就いたテッドだったが、収入はジョアンナの方が高く、養育権を勝ち取る見込みはほとんどない。

そんな不毛な裁判『クレイマー対クレイマー離婚事件』を通して、子供にとって何が幸せかを描いた作品。

クレイマー、クレイマー

フライ,ダディ,フライ

平凡で幸せな家庭を持っていたサラリーマン鈴木が、心を閉ざした娘のために戦うストーリー。

鈴木の娘遥は、夏のある日、カラオケボックスでボクシングの高校生チャンピオンの石原に殴られて、大怪我をさせられる。

しかし、政治家の息子でもある石原は、事件を握り潰すが、鈴木は何もすることが出来なかった。

それを知った遥が心を閉ざしてしまったのを見て、鈴木は石原に報復に行くのだが、高校を間違えてしまった上、在日韓国人の高校生朴舜臣に打ちのめされる。

事情を知った舜臣と仲間たちは、夏の間、鈴木を鍛え上げ、石原を倒させる計画を立てる。

フライ,ダディ,フライ
レビュー
みなさん、さようなら
リアル・スティール
レビュー