クリスマスにおすすめの推理映画

クリスマスにおすすめの推理映画

P2

クリスマスイブのニューヨークのオフィスビル。ひとり残業を終えたアンジェラが、地下駐車場でサンタ姿の男に襲われる恐怖を描く。

実話を基にしたストーリーだそうです。

P2

暗闇にベルが鳴る

クリスマスパーティーが開かれている寄宿舎にかかってきた電話から始まる恐怖。

暗闇にベルが鳴る

ブレス・ザ・チャイルド

クリスマスイブの夜、看護婦のマギーのもとへ妹のジェンナが訪れ、赤ん坊のコーディーを置いて失踪してしまう。

6年後、失踪していたジェンナが新しい夫エリックとともに現われると、マギーと幸せに過ごしていたコーディーを誘拐。

しかも、エリックの陰には儀式殺人を行っているという噂があるカルト教団がいることがわかる。

ブレス・ザ・チャイルド

アマルフィ 女神の報酬

織田雄二演じる【外交官・ 黒田康作】シリーズの映画第1作。

クリスマス期間のローマで日本人少女誘拐が起こり、外交官である黒田も事件に巻き込まれる。

しかし、それはただの誘拐ではなく、そこからつながる事件への序章に過ぎなかった。

アマルフィ 女神の報酬

サイレント・パートナー

冴えない銀行員が銀行強盗の計画を事前に気づいたことで、自らも犯罪を企てる。

うまく5万ドルを手に入れたものの、犯人とお互いの顔がバレてしまい、銀行強盗を行った『サイレント・パートナー』たちはお互いを罠にはめようとするのだった。

サイレント・パートナー
交渉人 真下正義
レビュー