ニュースネタ」カテゴリーアーカイブ

著作権侵害の非親告罪を導入するための最終調整って可能なの?

TPPに対応するため、著作権侵害を非親告罪に変更するという話。

適用制限の最終調整に入るらしいんですが、全然周知されないまま、勝手に話し合いだけ進んでるんですよね。

実際問題、著作権の保護はTPPに関わらないにしても必要だと思うんですが、範囲がグレーのままだとかなり困ったことになるんじゃないかと。

たとえば、よくやり玉に挙がるのが同人誌のような二次著作物。

勝手に描いて、それで生計を立てている同人作家の将来に関しては、ひとまず置いておきます。

利益が出ているかどうかは基準としてはありますが、根本的な問題ではないので。

それとは関係なく、同人活動で出来た作品は著作物なのかどうなのか。

一応、同人誌でも内容に関しては、著作物となり得ます。実際、昔、商業誌に載った作品が同人誌を盗用したということで訴えられて、謝罪したこともあったりします。

ただ、同一性保持権というのがあるので、二次著作物は自由に書いて良いわけでもありません。これも任天堂やコナミが自社のキャラクターのイメージが崩れることを嫌って訴えたことがあります。

つまり、エロやBLはレベルの高い著作物であったとしても、同一性保持権を犯しがちなので、著作権は侵害しているわけですね。

で、以前はそれらを権利者が訴えなければ、黙認しているということで、よほど目に余らなければ、そうそう訴えられませんでした。

それが非親告罪となると、第3者が著作権の侵害じゃないかと訴えられるわけですね。最終的には権利者が訴えなければ、その後に大事にはならないでしょう。

ただ、訴えを受けた警察はその確認をしなければならず、数人の常軌を逸した人間がいれば、大量の仕事が舞い込んでくるわけですね。

また、もしそれらがアウトになると、コミケをはじめとした即売会は状況を理解して場所を提供しているわけで、どういう扱いになるのかもグレーです。

同人ショップや、ヤフオクのようなサイトもグレーな感じです。

一応、公共のための著作物の転載や複製は認める方向のようですが、ホームページやSNSでの利用については不明です。

たとえば、現状では割と多い映画やドラマ、アニメの感想でキャプチャーされてる画像、SNSでのアイコン等に使われているアニメや漫画キャラなんかも厳密には著作権を侵害しています。

それらもいままでは権利者じゃなければ訴えられなかったので、スルーが多かったですが、非親告化した場合は嫌がらせで通報される可能性も出てくるんじゃないかと。

特にアンチがいるようなまとめサイトとかありえそうだし、ライバルとの潰し合いに使われる気がします。

最終的には権利者が許容すれば裁判になったり、犯罪者になることはないでしょうけど、色々とグレーなまま、最終調整とか無理なんじゃないですかね。